白拍子TOP  哥座(utakura)横がき本巻    タチヨミ・レビュー J-POP 歌謡 白拍子 祝詞 

  
J-POPと太古祝詞    

 祝詞 - 白拍子 - 演歌
そして再び現代白拍子としてのJ-POP
さらに未来の
太古祝詞




 J-POPヲ遅ク再生シテ、聴イテミル!意味が判別できないくらい遅い再生にする。すると、そこには、語尾の「あえいおうん」の多様な変化でなにか伝えようとする現代の「祝詞のごときJ-POP」が現れてくる。 現代のJ-POPも、伝統の祝詞も、日本の陀羅尼も経も実は、あまり単語に意味を置いていないのではないか。フレンチだろうと英語だろうと、サンスクリットだろうと、漢語だろうが、関係なく、語尾の アエイオウ母音ノ変化ト強弱でメッセージを伝えようとすることが共通傾向としてありそうだ。それは、いまも無意識に働いている日本語の法というものの力だろう。(この傾向は演歌でもあるが、演歌よりJ-POPは、単語としての意味がより希薄化し、原始感覚に再帰しているように見える。)すると、古来から伝わり、あるいは、権威者がよろこんでつかうサンスクリット、漢語、欧米語、最近のIT用語などの日本語の単語は、すくなくともいままでの日本の歌においては、「あえいおうん」の意味を最大限に活かすための、間の埋め草として、また修飾機能しかもたされていないのではないかという自身も思ってなかった結論へと導かれてしまう。
 

                                 

 
    

     白拍子(しらびょうし)

       一一八六 年四月八日 鶴岡八幡宮社前
        静、義経を慕い白拍子を舞う。

 

   吉野山 峰の白雪ふみわけて 入りにし人の 跡ぞ恋しき

    しづやしづ 賤のをだまき くり返し 
                  昔を今に なすよしもがな

 



    嬉遊笑覧 (江戸時代の風俗百科事典) より白拍子

 

白拍子とは、もと拍子の名なるが、やがて歌舞の名となりたる也。『甘露寺職人歌合』に、白拍子、曲舞まひとつがひたり。白拍子の歌、「忘れ行人もむかしのをとこ舞くるしかりける恋のせめかな」。『鎌倉職人尽』にも白拍子あり。
「秋の思ひ一こゑにてもかぞへばや月みることのつもる夜ごろを」。
白拍子はかぞふるものにや(かぞへ歌なるべし)。『長門本平家物語』にも、「白拍子かぞへて」と有(今も春日若宮の神楽、翁の歌に「シラ拍子、ラン拍子」といふこと有とぞ)。男舞とは、『徒然草』に、「多久助(おおノひさすけ)が申けるは、通憲(みちのり)入道、舞の手の中に興ある事共をえらびて、磯の禅師といひける女にをしへてまはせけり。白き水干にさうまきをさゝせ、烏帽子をひき入たりければ、男舞とぞいひける。禅師がむすめ、しづかといひける、此芸をつげり。是白拍子の根源也(『源平盛衰記』には、「島千歳・若の前に始る」といへり)。其後源光行おほくの事を作れり。後鳥羽院の御作もあり。亀菊に教させ給ひけるとぞ」。是漢土の剣器に似たるものか。『文献通考』舞部に、「剣器古舞之曲名、其舞用二女伎雄装空手而舞」。これを『天禄識余』にも、「杜子美公孫大娘、舞剣器歌指武舞・而言、或以剣器為二刀剣誤一也」といへり。白拍子を歌舞するさま、『続古事談』に、「妙音院相国云(いわく)、白拍子といふ舞あり、其曲を聞ば五音の中には商の音なり。此音は亡国の音也。舞のすがたをみれば、立廻り空をあふぎて立(たて)り。その姿ものをおもふすがた也。詠曲身体ともに不快の舞なりとぞの給ひける」とあり。白拍子、後世にもみゆれど、其余流なりや否をしらず。『甲陽軍艦』、上杉家の事をいふ条に、「其頃こうきり・しやうきり・松きり・藤きり・桜きりとて五人の白拍子の下に、いたいけ美人・しづさと美人などゝて七、八十人もあり云々。五人の白拍子のこてわき・菊夜叉・桔梗・花・おしまなどゝいふ女共云々」あり。『塩尻』に、「武州熊谷の西新堀といふ里に、古より舞女あり。上にもめされ伝馬を賜り、東都に出、その行装驕れる躰大家の婦人の如し。対の挟箱(はさみばこ)・長刀(なぎなた)を先にたて、鑓(やり)もたせたる者を供とす(是はその夫なり)。其名を代々桐大蔵と称し富者也。梨園の少年及戯芸者数多扶侍し、戯場を開き利を得侍るにや」といへり。彼こうきり等が末なるべし。江戸にめされしといふは、いつ頃の事か(ひそかに思ふに、御三代の頃、踊を好ませられしとなれば、其頃にてもあるにや。其後いかゞなりけるか。女舞を禁止の事有し後は零落せしなるべし。

*白拍子や今様曲舞等の、この頃の音階は陽音階だったらしい。が、その後日本人は隠音階を好むようになり白拍子は廃れていったという。

  



      Wikipediaより白拍子


  白拍子は、平安時代末期から鎌倉時代にかけて起こった歌舞の一種。及びそれを演ずる芸人。男装の遊女が今様や朗詠を歌いながら舞ったもの。男女問わずに舞われたものであったが、主として女性・子供が舞う事が多かった。古く遡ると巫女による巫女舞が原点にあったとも言われている。神事において古くから男女の巫が舞を舞う事によって神を憑依させた際に、場合によっては一時的な異性への「変身」作用があると信じられていた。日本武尊が熊襲征伐において女装を行い、神功皇后が三韓征伐の際に男装を行ったという説話も彼らが巫として神を憑依させた事の象徴であったという。
  このうち、巫女が布教の行脚中において舞を披露していく中で、次第に芸能を主としていく遊女へと転化していき、そのうちに遊女が巫以来の伝統の影響を受けて男装し、男舞に長けた者を一般に白拍子とも言うようになった。
  白い直垂・水干に立烏帽子、白鞘巻の刀をさす(時代が下ると色つきの衣装を着ることも多かった)という男装で歌や舞を披露した。伴奏には鼓、時には笛などを用いた。 後に、猿楽などへと変貌していった。後に早歌(そうが)や曲舞(くせまい)などの起こる素地ともなった。また延年にも取り入れられ、室町時代初期まで残った。白拍子を舞う女性たちは遊女とはいえ貴族の屋敷に出入りすることも多かったため、見識の高い人が多く、平清盛の愛妾となった祇王や仏御前、源義経の愛妾静御前など貴紳に愛された白拍子も多い。     「Wikipedia 白拍子」より引用




 実験演歌- J-POP 現代版祝詞である」

 

 J-POPヲ遅イ再生デ、聴イテミヨウ!
意味が判別できないくらい遅く再生してみよう。
すると、そこに、現代の「祝詞のごときJ-POP」が現れてくる。
祝詞・白拍子・演歌J-POPをそれぞれ体験分析し、
古代言法と今の言法とに働く共通ルールを解明する。



 津軽海峡冬景色    石川 さゆり

上野発の夜行列車降りた時から
青森駅は 雪の中
北へ帰る人の群れは 誰も無口で
海鳴りだけをきいている
私もひとり 連絡船に乗り
こごえそうな鴎見つめない手いました
ああ津軽海峡冬景色

ごらん あれが竜飛崎 北のはずれと
見知らぬ人が 指をさす
息くもる窓のガラス ふいてみたけど
はるかにかすみ 見えるだけ

 ………
 ………
 ………

 

 

..............

 

Ultra Soul    B'z

どれだけがんばりゃいい 誰かのためなの?
分かっているのに 决意は揺らぐ
結末ばかりに気を取られ 
この瞬間を楽しめない メマイ メマイ
 
夢じゃないあれもこれも
その手でドアを開けましょう
祝福が欲しいのなら悲しみを知りひとりでなきましょう
そして輝くウルトラソウル
 ………
 ………
 ………

 

 

 

..............

○ 日本の歌の独自性は、歌詞を離れたメロディーがない点にある。
  言葉に節がついたものが日本の歌の本来のスガタだ
○ もともと日本語には単語というものは存在しない。歌詞の意味は、漢字で表象される意味と違う。
○ 日本語は、一音一音で意味をもち、「あいうえお」の発音の変化によってすべてを表現している。
  一音一音の発音変化を正しくすることで心が伝わる。
 - 葉室氏の著作より

 

右に気をつけ左記の「ストロボ」と「白い雪」をカラオケてみよう!
スゴイ感動がおこるに違いない。
あなたは、 もう立派な太古日本列島の無国籍原始人だ。


ストロボ     広瀬香美

Nobody Can Stop Noァーw  始まったからァー
Anytime Anywhere  きィっと 二人はもォうォー
Fall in Winter Drea(ィー)m

ストロボ ひ(ィー)かァあった 出会あった あァの夜 
テレちゃうくらァい  テレちゃうくらァい
心のメェモリィ いィっぱいにィなった 
あなただけでェー あなただけでェー
スネル素振り 私を急に振り返るまなざしィー
めぐりめぐる瞬間よ 憧れも 想いでも 大切な宝物
Romantic Mystic Love

愛しくて 夜空の星をみあげて あなたの声を聞かせて
つのる 想い 誰も とめられないィー 
逢いたくて 恋するスピード上げて まァっすぐあなたに届け
Anytime Anywhere  きィっと 二人はもォうォー
Fall in Winter Drea(ィー)m
 ………
 ………
 ………

 

 

 

 

..............

 

白い雪    倉木麻衣


オレンジ色 灯した 部屋の窓
家族の 笑いが ゥウン 聞こえるゥ
公園道り帰り道 幸せにすると誓っアたァ

白い雪 まだここに記憶の棘
哀しみがぬけないの今もずうっとゥ
白い雪 覚えてる あの約束ゥ
吐く息ごとにィ あなたを想ゥ


忘れない そう今もあのひととき
かじかむ指先 温め
掴んだ 雪の儚さに 銀色の涙流す
 ………
 ………
 ………

 

 

 

               

....................


          TOPへ戻る



               



注)歌謡歌詞データは、哥座が祝詞から平安の白拍子の流れとして演歌を見、また韻文空間にはたらく法則を研究するため、歌詞の一部を引用している。 万一、版権に関する異議申し立てあれば、ご一報いただきたい。 しかるべく対応する所存である。(引用歌詞は、有名な歌詞であり、主に記憶と、カラオケテロップにしたがい、一部cd添付の歌詞カードで補佐した。細かいところには間違いがあるやもしれず、その際はご容赦願いたい。)Mailは以下、または歌座TOPより送信可。
注)推奨環境X一部製品やマックで、縦書きレイアウト他機能不可)
  aibot@msn.com   hasegawa@utakura.com  長谷川 有 まで。